2019年12月31日火曜日

Vol.238「2019年、今年もお世話になりました」の巻

 2019もいよいよ終わっちまうべな。本当に濃い〜1年だったです。写真などみて1年を振り返ってみましたところ、当たり前ですが夏の写真もあったりして、「ほほ〜夏もあったんだよな〜」と不思議な気持ちになるほど連日さみ〜日が続いてますが、いかがおすごしか。いやはや終わっちまうですよ2019年。本当にあっという間な気もしますが、よくよく考えると色んなことに挑戦した年でありました。ライブはもちろん毎回が挑戦で、弾き語りでもバンドでも、場所の大きい小さい関係なく挑戦であります。加えて、それ以外の挑戦も多々あった年でした。今月は年末らしく、そんな2019年を振り返って実感してみようとおもいます。

 1月はクロダイを5匹釣り上げて、ライブ5本とtvkしゃかりき収録と並行して劇団ペテカンの舞台「ハンバーグができるまで」の主題歌作り。台本を読み、稽古を観て感じたことをノートに際限なく書き、ああでもないこうでもないと作ってくのが楽しかった。ほんでできたのが「樹」という曲でした。

 2月は3本のライブとtvkしゃかりきと、「ハンバーグができるまで」顔合わせと本読みに参加。役者さんが台本を初めて読み合わせていく場に立ちあうのはドキドキした。紙に書かれた文字、話が役者さんの声、体を通じて浮き上がってくる感じが面白くてドキドキした上に、初めての本読みのラストで作りかけの「樹」をその場で歌って緊張しました。

 3月は5本のライブとtvkしゃかりきと、ハンバーグができるまでのレコーディングに延岡帰郷。レコーディングもはじめて共同作業する面々、場所との出会いあり新鮮でありました。延岡には8月にある本田誠人との大舞台、「待ち合わせ」に向けての顔合わせ会議など。

 4月は4本のライブとしゃかりき。2020年2月22日にも一緒にライブする大久保さんと龍之介さん。令和に決まったので令和ネェさんに扮した大久保さんが面白かったです。その他友達の結婚式で名古屋に行ったり、毎年恒例の4月28日の早朝ライブも。

 5月は3本のライブとしゃかりきに早朝野球に釣り。ゴンダさんとのライブでは前年の面白掛け合いをDVDにしてプレゼント。インザスープは初渋谷マルコでのライブ。

 6月は5本のライブとしゃかりき、8月の「待ち合わせ」に向けてレコーディング。舞台「荒れ野」の写真撮影。大阪通り魔殺人の被害にあった南野さんの歌を引き継ぎ歌う。そしてこちらも毎年恒例になってます誕生日にONE NIGHT STAND、その日に向けてのリハを数日やり、また新曲を制作するためスタジオにこもり、当日へ。毎回ロックの洗礼を受けて歌い屋として音でケツを叩いてもらい、ここからまた1年の始まり。月末は延岡に帰郷して8月の「待ち合わせ」に向けての宣伝活動&挨拶まわり、の合間に東京からキャンプをしに来たペテカン豪ちゃんともキャンプ合流。帰京してお互いに貧乏バンドマンで一緒にあそんでたのに「漫画家になる」といきなり言い出して「コウノドリ」で大成功し、今や大金持ちの大先生になった鈴ノ木ユウとのライブを渋谷で。

 7月は5本のライブとしゃかりき。早朝野球に釣り。海の匂いのする街、神戸にも久々行く。あぁそうだ夏だったね。キュウさんのイベントにも参加。

 8月は6本のライブとしゃかりき。延岡での誠人とのイベント「待ち合わせ」1,300人の大ホールにて。この日に向けて半年前から顔合わせ、打ち合わせ、曲作りレコーディング、宣伝活動、動画撮影、漫才のネタ作り、稽古などなど、色んな人たちの力を借りて向かい、どうなることかと思った大舞台でのライブも、最終的にはとても清々しく終われた。誠人と笑ってしまいながらネタを作ったのが面白かった。この日ここにいたるまでの過程においても、人の力を借りてとても大きな経験をさせてもらった。
 帰京してから愛知県の社長の墓参りへ。

 9月は6本のライブとしゃかりき。宮崎帰郷。久々の札幌、その空気を吸い込み、待っていてくれたみんなの顔が嬉しく、また力をもらう。江ノ島を見ながらのライブも最高だった。ラグビーを観に行き異文化コミュニケーション。

 10月は7本のライブ、しゃかりき。ジュテームに完全生音歌ライブ。早朝野球もやりスポーツと芸術の秋。一本一本のライブも濃いかった。

 11月12月、6本のライブとしゃかりき。藤沼さんの還暦祝いライブでは新曲を。アナーキーのボーカルでこの日ザ・ロックバンドとして出演していた仲野茂さん、「おおーお前もしぶといなぁ、まだやってんのか」と激励を。先月も書きましたが20数年前に下北スズナリに初めて観劇しに行き、そこで舞台に立っていたのが茂さんで。その日以来のスズナリに向けて、この日から舞台の世界に突入することにも勝手に運命を感じた。「荒れ野」再演へ稽古開始。
 今こうしてスケジュール帳を見ていると、この日から千秋楽までの期間が短かかったのか長かったのか、こんだけの日数だったのかとも思う。濃かった。感情がどこそこいった。そんな中、これが何度も自分が体感したかった世界だったことを再確認した。役者や演劇といったことではなくて、「荒れ野」の世界観。狭くごった返した部屋と、人間の入り乱れたどうしようもなさ。何気ない会話や鍋、タバコ、箸、本、鍵。その下に流れる、枠をはみ出るような感情。悲劇と喜劇が同時に流れてること。戯曲を書いて演出をするバラちゃんこと桑原さんの、ものを作るまっすぐな姿勢も刺激的で、役者のみなさんの役に立ち向かう姿勢も、美術や照明音響、舞台の裏方さん達も、いいものを作るためだけに向かう姿勢も、戯曲にも役者さんにもスタッフさんたちにもパンクな精神を感じた。豊橋ではほぼ毎日、稽古終わりで小林勝也さんとご飯を食べ呑み、演劇のことやたわいもない話、昔の話や日本のことを聞けた。怒る時は猛烈に怒り、笑う時はイタズラっ子の子供のような笑顔で笑い、こんな77歳がいるんだなぁと嬉しくもなり。あのシーンのあそこをこうしてみようと出てくるアイディアが柔軟で、それに乗っかって悪巧みを2人でしているような時間もおもしろかった。自分はフォーク上がりだけど、どこかパンクな精神を感じるものが好きで、演劇という別ジャンルの中で戯曲や人に、深くて強烈な愛あるパンク精神を感じられる世界の中に身を置けて幸せな時間だった。気づけば少々窮屈さを感じる今の時代に、これからどうなってくのかと少々不安にもなる時代に、「人間って」と、自分の中にうずまいてるものも思い出すような、そんなに利口じゃなくて、もっとどうしようもないものだよなと気づかせてくれるような世界に関われたことは、その場面場面をこれから先も思い出すだろうし、これからの自分の歌にも影響するだろう経験だった。役をもらえるというのは幸せなことなんだなぁとも思いました。それがケン一でよかったです。「荒れ野」の世界へ誘ってくれたバラちゃんに、関わった皆さんに感謝です。

 今年は55本のライブと演劇にしゃかりき、連載に、別の仕事もして、釣りも野球もしました。よく働き、動いた印象の一年でありました。
 2019年、ライブ、歌、舞台を体感してくれたみんな、応援してくれ気にかけてくれたみなさん、本当にどうもありがとう。今年もお世話になりました。
 来年も動けるうちに動けるだけ動き、ドキドキする方へ顔を向けて向かい、歌を作って歌い、自分にもあるだろう役を全うしていきますので、体感して楽しんでもらえたらと、応援してもらえたらと思います。
 来年も何卒よろしくお願いします。
 2020年、いい年にしたりましょ! 
 よいお年を!                      2019年大晦日 中尾諭介

謝罪会見のようになってますが、レコーデングした「樹」。

今年はたくさん帰郷したので、食べれました天領うどん、マイソールフード。

元旦夕方18時05分より特番があります。
テレビ神奈川、観れる方はぜひに。

野球もして。今年ユーチューブで見て、バッティングホームの改良に挑みましていいとこまできてます。

やってきたことの世界の先輩達と交じりあえてありがたいのは、また先を見させてもらえることです。

地元の友達達と焼く肉旨し。 
あぁ燃えた甲子園、同じ野球部だった友達の息子の活躍に声をあげ。

横浜球場、気持ちよかった。

生音歌、贅沢。おもろかった。  
ウツボさん、その場でさばいて食べてみればこれがうまかった!

甥っ子夢中。

藤沼さん、還暦!
ずっと先を走る先輩といるとやり続けて行くためにしなくちゃいけないことがあることを知らされます。
ガシガシとっ

パンクアンドロックンロール!

たまたまつけたテレビでアンタッチャブルの復活漫才が見れて感動。

勝也さんの若い頃を発見。

豊橋にて、時間と設備、毎日そのことだけを考えて過ごせた贅沢な日々でした。

作演出の桑原さんのパンフレット文章。
これ読んでさらに意気に感じてむかえた。

スズナリの階段。

細かい小道具がたくさん
それを用意する人、セットする人。
演劇って、その労力、時間、人力。
色んな人の力が合わさってこの期間ずっと一緒に向かってるんですね。
表裏一体表も裏も一緒に呼吸してないとできないんでしょうね。
これすごいことだなぁと。好きでやってることだから勝手なことでしょうけど、音楽同様、演劇ももっと気楽にふらりと日常の娯楽としてあってもいいのになぁと何度も思いました。
会社帰りにふらりと立ち飲み屋に寄る感覚で、でもそこでは、もしかすると人生に影響を与えるような空間があったりして。音楽も演劇も敷居の高いものではなくてもっと日常になったらと。

多田ちゃんと金安さんとスズナリ。

スズナリ楽屋にて。
喉を鳴らす。
本番前、たまに世間話をしたり音楽を聴いたりしつつも本番前になるとそれぞれに喉を鳴らしたり、柔軟したり。静かに本番に向かって行くときがドキドキもして。喉を鳴らしてチューニングを合わせてるみたいでした。

荒れ野
ありがとうございました。

そして恒例のスケジュール帳引き渡しの儀。
2019は赤だったので2020は白でこりゃめでたいっっと。
さぁ、そして2020年はインザスープ デビュー20周年イヤー。
盛り上がっていきますよ!まずは1発目ペテカン と1月に!
何卒よろしくです!
改めまして
2020年も今まで以上にガシガシと作り歌っていきますので何卒よろしくおねがいします!

諭介がお答え致します

 

■「今月号を読んでいて気づきましたが、諭介さんの誕生日にはワンナイトスタンドで藤沼さんがいて、藤沼さんの誕生日には毎年中尾くんがいるんですね。素敵だなと思いました。 そのROCKで嬉しいご縁が続くといいですよね。そして、もうすぐ「荒れ野」の再演を見に行きます。下北沢スズナリは何度もその前を通っていて、あの中はどうなっているんだろうと気になっていたので、ミュージシャンの諭介さんが縁で中に入ることになるとは思っていませんでした。楽しみです。インタビューも読ませてもらいましたが、皆さん演技が深まっているみたいで、二年前にも見ていますが、また違うものを見るような気持ちでワクワクします。二年の間に自分が想うことも変わっているのかもどうかも含め楽しみたいと思います。諭介さんのお芝居もさらに上手くなっているのかな(笑)千秋楽まで頑張ってください」
(A.T 2019/12/16 17:23)
→がんばりましたよ
おかげさまで無事千秋楽まで終われました。応援ありがとう。


■「人と人との繋がり、人と物事との繋がり、今こうやってコメントを書いているのも縁があってインザスープを知って好きになったから。インザスープの音楽が縁で出会えた友達もたくさんいるし、縁って不思議だしありがたいなーって思います。

「荒れ野」観ました。再演だから大まかな内容は分かってるはずなのに初めて観るような気持ちで最後までドキドキしながら楽しみました。またいつか役者の諭介さんも見たいなー」
(夕陽     2019/12/26 23:42)
→観てくれてありがとう。やってもやってもまだ謎もあり、うまくできないことも、もっと何かできそうだともおもえて
歌もそうだけど、いい作品てどっか謎がずっとある、謎というか色んな角度からみりことができるものやとおもう。そういう作品に関われて幸せであります。